あまり見ない

おはようございます。

阿波踊りの3日目です。4日連続豪華客船が来ます。

おとといは飛鳥2、明日はにっぽん丸です。

お盆の時は徳島は大都会です。

まるでアケメネス朝の祭祀の時だけの都のペルセポリスみたいにです。

そうだったら徳島も都なのですが・・・

ところで私はライトノベルは読みません。

あまりにも現実味と言うよりも思い込みが激しいのです。

ロードオブザリングも映画では見えるけどどうも小説を読んでいると長たらしいのです。

ハリーポッターも最後は作者の都合だなと思いました。

ところがギルガメッシュギリシャ神話、エジプト神話、聖書は本当の話に思えます。

と言うのは決してハッピーエンドでないし、中には悪人が生き残る場合もあります。

中国のトウセキの話、伯夷淑斉の話なんか現実的です。君主の在り方を説いても聞き入れない。トウセキみたいな大悪人が生き残るのを嘆いた孔子の話ももっともと思います。

さてこれは現実すぎる話ですが・・・

ノアの箱舟、ソドムの話、トロイの話は発掘でも明らかになった話が多く。

神が大虐殺をした証拠と言えます。

そのことはゾロアスター教の神と悪の戦いなどにも見られます。

そういうのは現実でなく空想では語れないと思います。と言いましてピリ提督の地図がとは思えませんが、ただ善と悪の戦いと言うのは聖書のもとになったゾロアスター教、エジプト神話、シュメールから出ているのを見ますと現実にあったのではと思います。UFO云々ではないですが。ただ空想では出てこない話があります。山幸が船で常世の国に行く話とか洪水伝説は世界中にあります。2012と言うつまらない映画でもあったのですが、大洪水が世界中で起きた可能性も否定できないと思います。あの映画は陳腐でしたが・・・ただ古代の洪水はいつでも起こるのを示しているなと思います。

ライトノベルと言いますとスターウォーズも長々しいのと順番を変えたりとか燃料や食事はどうなっているのか戦術はあるのかです。どうみても変に思えます。アミドラ女王とアナキンには身分の差が雲泥の差、最高指導者のヨーダがNoと言ったのに何故ジェダイになったとか矛盾だらけギルガメッシュ、エジプト神話と違い理路整然としていない。そういう点があまり好きになれません。そういう点はマトリックスは理路整然としているのと宇宙を描いています。ある意味聖書やギルガメッシュに近い素晴らしい作品と思えます。

何回もスターウォーズ見たけれどつまらなすぎて眠くなりそう。

matrix fit space world and phyrosophy.

but star wars dont write space but write own mind.

however many of person like star wars and startreck.

not write real and space film favorite.

reality film dont favorite.

star wars is major or matrix is minor.

i experience and meet others.

they dont look own mistake look own dream.

because we are right other are mistake.

if human know real,they kill own self.

and so human dream own dream until own death.

its human crime.

広告を非表示にする