地球防衛軍

sorae.jpの記事によると、NASAは現在、宇宙船や宇宙飛行士、

さらには地球や他惑星をエイリアンから守る「惑星保護官」を募集しているそうで。

 

現在世界各国の宇宙機関や民間企業は、月や小惑星から岩石などを持ち帰る

「サンプルリターン」ミッションを計画しています。

中止されたものの、NASAも「アーム計画」を持っていました。

このような計画では、地球に謎の微小生物が持ち込まれる可能性があります。

さらに、地球からの探査機においても他の惑星や衛星を汚染する危険性があります。

そうしてNASAはこのような危険性を排除するために惑星保護官を募集しています。

その給料が、124,406〜187,000ドル(約1400〜2000万円)と破格。

応募は8月14日までだそうです。

 

現在、木星の衛星「エウロパ」で水分の噴出が見つかっており、

地球外生命体への期待が高まっています。

さらにNASAは、2020年代にこの氷の惑星へと探査機を送る予定。

探査機に地球由来の微生物が付着していたのでは、

せっかくエウロパで生命を見つけたとしてもそれが地球外生命体なのかどうかわかりません。

一見突拍子もない募集に見える惑星保護官ですが、

実は惑星や衛星探査においてかなり重要なポストになりそうです。

相当複雑な仕事であるのは確実な仕事をホームページで募集するのがアメリカ的です。

地球防衛軍と言うより、検疫官ですね。

地球防衛軍ならやってみたかったなあ。

広告を非表示にする