電車の中で

先週、電車の中で起こった出来事です。

みなさんは、電車に乗っていて、もし目の前で人が倒れたらどうしますか?

実はそんなことがありました。

私の目の前で30代くらいの男性が突然倒れました。

驚きました。

と、同時にどうしていいかわからなくなりました。

すると、横から60代くらいの年配の男性が出てきて、ものすごくすばやく

その男性をもたれさせて座らせて(満員だったので地べたに)

まわりの人たちは空間をあけるだけで精いっぱい。

そのおっちゃんは、とってもとってもやさしく倒れてるお兄さんに

「大丈夫か?気分悪いか?」と聞いた。

そして倒れた人を安心させて、

「ちょっと水飲むか?ワシの水筒やけど口つけてないしな」と言ってゆっくり男性に飲ませた。

男性はその水を飲み、少し落ち着いた様子。

「よしよし」と笑顔のおっちゃん。

とても運が悪いことにその日に限って電車事故があり、通常なら着いてるはずなのに

「遅れます」とのアナウンスがあった。

「大丈夫か?我慢できるか?よしよし」と言って安心させるおっちゃん。

・・・・・・

すると男性の手が少し震えていた。

その手をおっちゃんはやさしく握って「大丈夫やからな。安心したらええよ」

とやさしく笑顔で話しかけた。

・・・・私はその光景をずっと見ていた。

あまりのおっちゃんのやさしい対応に胸がつまった。

そしてなんとぽろぽろ涙がこぼれてきた。

こんなやさしい人がおるんやな・・・と思うと、感動で泣けてきた。

しばらくして駅に到着すると、そのおっちゃんに支えられ、駅員さんも来て

まわりの人たちは荷物を持ってあげたりして、その人はそのあと病院へ運ばれたと思う。

見ず知らずの他人が目の前で倒れて、ここまでやさしく的確な対応できますか?

私は自分に問いかけた。

なんにもできない自分を情けなく思った。

でも、あんなおっちゃんみたいな人間になりたい!と心から思った。

・・・・・・・・・・

そのあと、旦那が倒れた時のことも重なって、旦那も倒れた時こんな感じだったのだろうか

とか考えた。

たくさんの人に心配されて、助けられて旦那の命は今ある。

人の命の大切さを私は目の当たりにしている。

言葉だけじゃなく、体で、魂で感じてる。「生きる」ということ。

この日は涙が止まらなくて、朝通勤途中だったけど、そのまま会社に行くきがせず

地下でイスに座って涙が止まるのを待った。

あのおっちゃんとてもステキな人だなと思った。

旦那が倒れたとき、ショックを受けた私が病院でパニックになり、

看護師さんに抱きかかえられて、ずっと泣いてる私を抱きしめてくれていた人がいた。

誰かわからないけど、「大丈夫」と言ってあたたかい腕で、うしろから私を抱きしめてくれた。

私はあの時のぬくもりとやさしさを今も忘れない。

ほんっとうに心から感謝してる。

今日、おっちゃんを見てそのことを思い出した。

あぁ。。。。素晴らしい人っているんだなって。

ありがとう。ありがとう。心の中で何度もつぶやいた。

広告を非表示にする